カタログギフトの特徴について

ギフトボックス

結婚祝いをいただいたら内祝いとしてお返しをするのが、今の時代の考え方でありマナーとも言えます。しかしいざお返しとなれば、何を選んだら良いかで悩むケースは珍しくありません。相手の趣味や嗜好、ライフスタイルに合っているものを選ぶことが大切ですが、わからない場合に役立つお返しとして人気となっているのがカタログギフトです。カタログギフト は種類も豊富にあり、結婚祝いを始めとしたおめでたいシーンのお返しに適しているカタログも豊富にあります。金額も選ぶことができるので、受け取った金額にあせて返せるのも魅力ではないでしょうか。はっきりとした金額がわからないので、現金や金券を渡すようにマナー違反になる心配もありません。

受け取った相手が好きなものを選べる

カタログギフトは結婚祝いのお返しとしてぴったりのアイテムの一つであり、受け取った相手が自分の好きなものを選ぶことができるというのは大きな魅力ではないでしょうか。当然のことながら、相手が欲しいものがわからずアイテム選びで頭を悩ませる必要もありません。贈る側にとっても受け取る側にとってもメリットがあり、双方にとって魅力的なギフトと言えます。カタログに掲載されているのはアイテムだけではなく、エステサロンや温泉、食事など体験型のギフトも含まれているものも多いです。贈る相手によって内容を変えることができるのも、カタログギフト の利点であり喜んでもらえるアイテムと言えます。

選ぶ楽しさと届くまでの楽しさがある

カタログギフト は結婚祝いのお返しに適しており、受け取った相手が好きなものを選ぶ楽しさと、それが届くまでの楽しさと二重で喜んでもらえるのが魅力です。様々なメリットがありますが、カタログギフトを贈る際に気をつけなくてはならないのが金額ではないでしょうか。良かれと考えて高額なカタログギフトを選んでしまう人もいますが、まず気をつけなくてはならないのがいただいた金額よりも高額にはならないようにするという点です。いただいた金額より高額となれば、失礼に当たってしまいマナー違反になるので気をつけましょう。一般的には半額から三分の二程度が良いとされていますが、いただいた金額が大きい場合には無理をする必要はありません。気持ちが大切になってくるので感謝の気持ちを口頭で伝えるのはもちろんのこと、お礼状なども渡すとより気持ちを伝えることができます。お返しは気持ちが大切ということを、頭においておき適したカタログを選ぶようにしましょう。

広告募集中