早い段階で準備しておく

プレゼント

内祝は祝いをいただいたことに対するお礼という意味が、今の時代では定着しています。結婚祝いをいただいた時にもお返しとして内祝いをすることになりますが、何を贈れば良いかアイテム選びで頭を悩ませるのではないでしょうか。お祝いごとの内容や相手により適しているアイテムには違いがあるので気を付けなくてはなりませんが、金額や渡し方などマナーにも注意しておく必要があります。お祝いをいただいてから焦ってお返しを準備しようとすると、品物選びで悩んでしまい適したものが選べなかったり、マナー違反になることもあります。そうならないためにも早い段階から、ある程度はお返しのことを考えてめぼしい品物を選んでおくことが大切です。

金額について

ギフトボックス

結婚祝いのお返しをする時には、金額に気をつける必要があり良かれと考えて高額を他産まないように気を付けましょう。金額は基本的にいただいたよりも高くならないようにすることが大切であり、いただいた金額よりも高額になると失礼に当たってしまうので気をつけなくてはなりません。あまりに高額だった場合を除いて、基本的にはいただいた金額の半返しや三分の二程度が良いとされているので、頭においておくべきです。

渡すタイミングとは

ギフトを持つ手

結婚祝いをいただいてからすぐにお返しとして内祝いをすると、お祝いを突き返されたという印象を与えてしまうのであまり早くなりすぎないようにするべきです。しかし遅れすぎてしまうと内祝いの存在を忘れていたのではないかと思われてしまうので、タイミングには十分気をつけておきましょう。一般的にはお祝いをいただいてから一ヶ月ほどで渡すことが良いとされているので、タイミングを見計らって内祝いをすることが大切です。

広告募集中