目次

相手のことを考える

ギフト

結婚というのは慶事に当たります。結婚祝いをもらえばお返しをするのは当然のことです。まず最初に行うのはお礼です。目の前でもらった場合は口頭で郵便などでもらった場合は電話などでお礼の挨拶をします。それかお礼状などをしたためるのもいいことです。どちらにしても相手のことを考えてどう行動することが大事です。理由は相手にもお祝いを送った確認もできるのでなるたけ早く送るべきです。

どんな手順が必要

結婚するとさまざまな人から結婚祝いをもらいます。必要なのはもらった時に相手のリストを作っておくことです理由は誰に何をもらったのか覚えておけるからです。お返しをするためにも誰に何をもらったのかをきちんと書いておきましょう。その時に送った人の住所やいつ、もらったかも記入しておけばお返しがスムーズにできます。お返しを送るのにもタイミングがあります。早いことは重要なポイントだけど、遅くとも一か月以内が理想です。相場としては頂いた物の半額か三分の一の金額です。それ以外にも相手の関連性でも金額に違いがでてきます。ちなみにお返しの内容はスィーツなど相手も気兼ねしなくてもすむものが望ましいです。特に素材やパッケージなどにこだわればお返しとしてぴったりです。

広告募集中